経済事業(購買事業)

  • 組合員によい資材を安く提供

    JAの購買事業とは、JAが組合員に肥料、農機具、飼料等の生産資材や生活資材をできるだけ安く、良質なものを安定的に供給しようとするものです。

    購買事業は大きく2つに分かれます。
    ひとつは、肥料、農薬、飼料、農機具等、組合員の営農活動に必要な品目の供給を行う生産資材購買です。
    もうひとつは、食品、日用雑貨用品、耐久消費財等、組合員の生活に必要な品目を供給する生活資材購買です。

    組合員からことば予約注文を受け、スケールメリットを生かしてメーカーと交渉し、低価格・安全・良質の資材を提供することが中心ですが、JAグループが自ら生産して組合員に供給することもあります。

    この購買事業の目的達成のため、JAグループは各単位JAと都道府県のJA経済連・JA全農都府県本部、JA全農本所によってそれぞれの段階での機能・役割分担を行い、より効率的な事業展開を行っています。

    2015年度の取扱高はJAで2兆6,079億円、JA経済連で8,962億円、JA全農で2兆2,226億円となっています。

    ことば

    予約注文
    生産資材、生活資材の購入の際、組合員は前もってJAに注文をしておき、JAはそれをとりまとめてJA連合会に発注し、JA連合会は組合員の需要期に商品を供給するもの。

    有利な共同購入

    JAグループの購買事業(2013年度)

    資料:JA全農

    ※JA子会社(燃料事業等)の取扱高は含まない。連合会の取扱高にはJA子会社への供給額を含む。

ページトップへ