印刷

JA(農業協同組合)とは

生産者が助け合う組織

生産者は農畜産物を育て、販売することで収入を得ています。ですが、個人が農畜産物を販売する場合、販売先の確保や、その営業に時間を取られてしまうと、肝心の生産活動に専念できなくなってしまいます。さらに、個人での価格交渉では安く買いたたかれてしまう恐れもあります。そこで、JAが生産者の生産物をまとめ、交渉することで、市場でも高い値段で販売しています。

また、JAは生産者(組合員)が出資して運営しています。農業を営む(営農)には、肥料や農薬、ビニールハウス、施設などが必要です。生活するには、生活用品や万一の場合に備えての保障も必要です。必要なものをそろえるため、時にはお金を借りることもあります。JAの出資金は、これらの事業のほか、生産者が農機やトラクターなどの高価なものを購入する際に、融資用の資金としても使われます。

このように生産者は日々、いろいろな活動をしていますが、一人ひとりでは経済的な力などが弱いため、生産者同士で助け合い、JAとしてまとまることで大きな力に変えています。

組合員とJAの関わり

生産者がJA運営の中心

JAの運営の中心となるのは、生産者(組合員)です。加入する多くの組合員の意思をまとめ、事業を的確に進めなければなりません。

JAの意思を決定する最高機関は、組合員による総会(もしくは総代会)です。年度ごとに必ず1回開き、前年度の事業報告や決算書などを承認したり、新年度の事業計画などを決定したりします。日々の仕事を担うのはJA役職員ですが、運営の中心となり、組織としての意思決定を行うのは、あくまでも組合員です。

JAが都道府県、全国でまとまってJAグループを組織

JAの事業を進めるためには、個別のJAの力だけでは不十分です。そこで、JAが都道府県単位や全国でまとまって、連合会や中央会を組織し連携することで、効率的に事業を展開しています。JA・連合会・中央会に加え、関係団体を合わせてJAグループといいます。

さまざまな連合会・中央会が役割発揮

JA中央会は、JAグループの代表・総合調整・経営相談などの機能を担い、JA・連合会の健全な発展を図ることを目的にしています。都道府県段階にJA都道府県中央会、全国段階にJA全中を設置しています。

他にも農産物の広域販売や生産資材の仕入れなどを担うJA全農、資金の運用などを担う農林中央金庫、組合員のくらしの保障を担うJA共済連など、さまざまな連合会が役割を発揮しています。

JAグループの組織
ページトップへ