コウノトリ育むお米 スイスに羽ばたけ - JAたじま

欧州で初めて

 JAたじまは11日から、但馬全域で栽培している環境に配慮した「コウノトリ育むお米」について、スイスへの輸出を開始した。2016年からシンガポール向けに始まった「コウノトリ育むお米」の輸出は、今回のスイスで7カ国目となり、欧州では初めて。

 同日は、同米を約170キロ(有機JAS・無農薬タイプ)とパックご飯48個を輸出した。

 日本食材を扱う小売店で販売される予定で、米袋のパッケージに掲載された2次元コード(QRコード)を読み込むと但馬地域の観光情報やレシピ、コウノトリ育む農法を紹介しているページにアクセスできる。米作りの背景にあるコウノトリとの共生を目指した物語を発信することで、一層の販売促進につなげる。

 同JAは兵庫県や豊岡市と連携して、「コウノトリ育むお米」の販路拡大に力を入れている。そんな中、旅先で休暇を楽しみながら仕事をする「ワーケーション」で豊岡市を訪れた石光商事(神戸市)の石脇智広社長らは、コウノトリ野生復帰の取り組みや豊岡市のまちづくりに共感。その後商談が進み、今回のスイスへの輸出を開始した。

 JA米穀課の塩見真仁課長は「新型コロナで世界中の情勢が一変した今だからこそ、コウノトリを守りながら自然保護につなげていく農法について世界の人に共感してもらい、その輪を広げていきたい」と話していた。
(2021年3月17日付 日本農業新聞ワイド1近畿より)

JAプロフィール

都道府県
兵庫県
JA名
JAたじま
問い合わせ先
部署名
生活福祉部地域ふれあい課
問い合わせ
電話番号
0796-24-6602
ウェブサイト
URL
JAたじま
ページトップへ