山形大学農学部との連携授業を総括-JA庄内たがわ

「農業に興味が湧いた」と学生からの声

 JA庄内たがわと山形大学農学部は7日、鶴岡市のJA本所で連携授業の2021年度総括会議を開いた。

 学生やJA女性部役員、生活リーダー、JA役職員ら約30人が参加した。

 学生は4回の授業で学んだことを発表し、「豆腐加工やこんにゃく作り、庄内柿の集荷・選果作業など、初めての体験を通じて食と農への興味が湧いた」「庄内柿の流通に関心を持った」などと感想を述べた。

 JA女性部員は「学生の意欲的に学ぶ姿勢や、何げない会話の中から人と人とのつながりの大切さを感じてもらえたことがうれしい」と話した。

 山形大学との連携授業は、学生に地域の食と農への理解を深めてもらい、JA側が学生の若い感性に触れ、JAの新たな活動の糸口を見つける狙いで始めた。

 JAは総括を踏まえ、22年度は持続可能な開発目標(SDGs)をテーマにするなど、地域の魅力を高める活動につなげていく。


< 2022年 2月 16 日付け  日本農業新聞  ワイド2東北>

JAプロフィール

都道府県
山形県
JA名
JA庄内たがわ
問い合わせ先
部署名
経営企画課
問い合わせ
電話番号
0235-64-3000
ウェブサイト
URL
JA庄内たがわ
ページトップへ