イチゴハウスに機器導入 光合成を促進  - JA鳥取いなば

厳寒期の収量大幅増に期待

 鳥取市のメイワファームが28日、イチゴハウスに二酸化炭素(CO2)濃度を高め、光合成を促進するLPガス使用の「光合成促進機」を導入した。JA鳥取いなば資材課とJAいなば燃料センター、JA全農とっとり県本部が連携して設置した。光合成促進で、着色や糖度の品質を高め、厳寒期の収量と販売金額の大幅増に期待する。

ガス燃焼→CO2送風

 促進機は、LPガスを燃焼させ、送風機でCO2を均一にイチゴに適正な濃度で循環させる。無線式安全システムでガス切れの心配がなく、異常時には遠隔操作で停止できる。管理者は「イチゴは光合成が必須。品質の向上や収量の増加を期待する」と話した
 JA管内ではイチゴ農家を中心に促進機6台の導入を予定し、収量、品質向上を図る。JAいなば燃料センターの高田直文本部長は「県内でも導入しているところは少ない。生産者の所得増大につなげ、イチゴ以外にも普及させたい」と話す。(日本農業新聞2020年11月1日付エリア中国より)

JAプロフィール

都道府県
鳥取県
JA名
JA鳥取いなば
問い合わせ先
部署名
企画管理部
問い合わせ
電話番号
0857-32-1100
ウェブサイト
URL
JA鳥取いなば