食味向上 産地魅力アップ 米コンクール審査 - JA鹿本

審査結果は2021年2月発表

 JA鹿本は11月中旬、JA本所で「これぞ!一番米コンクール」の最終審査となる食味官能審査を行った。同JA普通作部会が出荷する米の食味向上と産地魅力アップを目指す取り組みで、今回が5回目。
 計87点の応募の中から最終審査に進んだのは、成分分析計を使った玄米成分分析による1次審査を通過した品種「森のくまさん」「ヒノヒカリ」「くまさんの輝き」のうち8点。県やJA普通作部会長、JA常勤役職員ら12人の審査員が、外観や食味など五つの項目で審査した。
 JAの営農指導員は「自身が生産した米が評価されることが、生産者の励みや意欲の向上につながっている。出品者を増やし、高品質生産に努めたい」と意気込んだ。 審査結果は2021年2月に発表し、表彰する予定。
 同JAでは米集荷対策や米概算金上乗せを行うなど、生産者の所得増大を目指した自己改革を推進している。(日本農業新聞2020年11月28日付ワイド1九州より)

JAプロフィール

都道府県
熊本県
JA名
JA鹿本
問い合わせ先
部署名
総務部
問い合わせ
電話番号
0968-41-5120
ウェブサイト
URL
JA鹿本
ページトップへ