2021年8月11日 JA全中定例記者会見(中家会長挨拶)

※機材の不具合により音声だけとなっております。

 本日、通常総会を開催し、令和2年度の事業報告・決算書などを承認いただきました。引き続き、役職員一同、団結して、事業に取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

 新型コロナの感染拡大が続いており、依然として、農畜産物への影響も長期化し、特に米は、中食・外食向けを中心に、予期せぬ需要減が生じています。
 JAグループはこれまで、産地それぞれが水田農業の将来を見据え、飼料用米への作付転換などを強力にすすめてまいりました。
 主産県をはじめ努力の成果が出ている一方、依然として民間在庫は高い水準にあり、今後引き続き、作況や需要動向ついて、注視してまいります。
 また、現在、JAグループでは、「国民が必要とし消費する食料は、できるだけその国で生産する、『国消国産』」という考え方を提起しています。
 国産食材を使用した「おうちご飯」を楽しみながら、パラリンピックの日本選手団、そして、日本農業も応援していただきたいと思います。

 そのパラリンピックに先立って開催された、オリンピックでは、コロナ禍という想定外の試練を乗り越えたアスリートたちの活躍に、勇気と感動を与えていただきました。
 こうしたなか、オリンピックのピクトグラムに関連して、JAマークが「腹筋をしている『人』に見える」とSNSなどを中心に話題となりました。
 このJAマークは、平成4年に「JA」という愛称を使い始めたことを契機に、以来、JAグループ共通のシンボルマークとして使用しています。
 是非この機会に、身近にあるJAグループにも関心を持っていただければ幸いです。

 昨日から「夏の甲子園」が始まりました。激戦の地方予選を勝ち抜いた代表校が、熱戦を繰り広げています。
 私が大注目しているのは、39年ぶり2回目の出場である北北海道(きたほっかいどう)代表の帯広農業高校であります。
 部員の実家は3割が農家、校内で育てた野菜を選手の食事で使うなど、「農高らしさ」のエピソードもうかがっています。
 農業高校と言えば、3年前の準優勝校、秋田県の金(かな)足(あし)農業高校が記憶に新しいのですが、是非、帯広農業高校の活躍にも注目していただきたいと思います。

以上

一覧に戻る
  • 会長メッセージ
  • JA全中会長定例会見
  • 中家徹のピンチをチャンスに!
  • 談話・コメント
ページトップへ