生産者49人が応募 ナス振興へ「大作戦」 - JAひがしみの

出荷1日1袋から

 JAひがしみのは「なす生産拡大大作戦」と題した、夏秋ナス産地の維持と生産者の減少に歯止めをかける取り組みを行っている。苗の植え付けが始まるこの時期までに49人の生産者が応募し、成果に期待が掛かる。
 JA管内は夏季冷涼な気候と共販共選体制を取っていることで、色、つや、形の優れた品質が市場で高い評価を得ている。2017年度からは産地のレベルアップのため、独自の農業生産工程管理「ひがしみのGAP」から、農水省ガイドラインに準拠した「岐阜県GAP」に切り替えた。

JA全体の活動として農家提案

しかし、生産者数は高齢化や後継者不足で年々減少している。19年度は生産者43人、作付面積約2ヘクタールまで落ち込んだ。この状況を改善しようと、19年12月に営農部の若手営農指導員が「なす生産拡大大作戦」を企画。小規模農家が参加しやすいよう、1日1袋からでも出荷できる体制を整えた。
 農家への取り組みの提案は営農指導員や営農担当職員だけでなく、JA全体の活動として、支店でのポスター掲示やちらし配布、農家宅への訪問を行った。
 新規栽培の応募者は、JAが開くアグリゼミ参加者、学校給食出荷グループ、直売所への出荷者ら60代を中心に、女性も6人参加している。
 JAの育苗センターで育てられた「千両2号」の苗は5月中旬より農家へ配達された。営農指導員の指導の下、植え付けが始まっている。新たな出荷者の出荷目標は約3トン。6月下旬から近畿・中京市場へ出荷される。(日本農業新聞2020年5月22日付ワイド1東海より)

JAプロフィール

都道府県
岐阜県
JA名
JAひがしみの
問い合わせ先
部署名
総合企画部組織広報課
問い合わせ
電話番号
0573-78-0123
ウェブサイト
URL
JAひがしみの
ページトップへ