農家に役立つ指導を 営農職員研さん - JAあいち豊田

アドバイザー協研究発表大会

 JAあいち豊田アグリアドバイザー協議会(AAC)は3日、豊田市のJA本店で2019年度AAC研究発表大会を開いた。営農部門の職員らが年間を通じて行った、組合員の抱える課題を解決する栽培技術の研究結果や、自己改革の取り組みを発表した。
 大会には全体で約40人が参加。専務をはじめとする審査員らと営農部職員の前で15グループが研究成果を発表した。内容は、ドローン(小型無人飛行機)の導入で農作業労働力を軽減する取り組みや、新たな特産品に着目した品目提案など多岐にわたった。
 審査した結果、営農資材課が発表した「担い手農家からの声を産地活性に繋(つな)げて~暑さ対策提案による経営改善」が最優秀賞を受賞した。近年の猛暑で農作業が進まない農家の負担を少しでも減らせないかと考え、ファンジャケットを提案。助成金の活用で農家の実費負担額を減らすことや、着用後の成果をグラフに表して分かりやすくしたことが評価された。
 受賞した営農資材課の水野裕己さんは「営農資材課全員で取り組み、農家からファンジャケットのおかげで夏場の作業が楽になったと声を掛けてもらえた。今後も農家に役立つ資材を考えていきたい」と話した。
 同協議会は、年度末に1年間の事業成果や研究結果を情報共有し、新たな栽培技術や組合員の要望に応える営農指導で、農家所得の向上を目指す。(日本農業新聞2020年3月6日付ワイド1東海より) 

JAプロフィール

都道府県
愛知県
JA名
JAあいち豊田
問い合わせ先
部署名
ふれあい振興部広報課
問い合わせ
電話番号
0565-31-2361
ウェブサイト
URL
JAあいち豊田HP
ページトップへ