その他事業(高齢者福祉事業)

  • 高齢化する組合員のくらしを支援

    2010年農林業センサスで農業就業人口の平均年齢が65歳を超えているように、高齢化は急速に進行しています。
    このため、元気な高齢者のいきがいや健康管理に関する問題のみならず、介護を要する高齢者の問題も数多く発生し、個々の組合員が家庭内で対応するには、限界が生じているともいわれています。
    そうした中で、農家組合員等からJAの高齢者福祉事業は大きな期待が寄せられています。

    そこで、高齢組合員、そして高齢者を抱える組合員のこのようなニーズに応えるため、JAグループでは高齢者のくらしを支援するという観点から、JA高齢者福祉事業に取り組んできました。

    このように地域福祉を支える担い手として、組合員や地域住民とともに取り組むことは、地域とともに歩むJAとして、地域社会に貢献していくことでもあります。

    JA厚生連の高齢者福祉事業

    JA厚生連では、その医療資源を活用し、訪問看護、訪問リハビリ、居宅療養管理指導等、高齢者に対する医療管理を加えた介護の提供やその家族に対する介護相談の対応等を行っています。
    また、JAが行う介護事業(訪問介護、通所介護、福祉用具貸与等)に協力病院として支援したり、JAホームヘルパー養成研修に講師を派遣するなど、JAとの連携を推進しています。

    さらに、地域のニーズに応えるため、2007年12月の老人福祉法改正により、JA厚生連の特別養護老人ホームの直営が可能となり現在、7施設を運営しています。

    JA高齢者福祉事業の取り組み体系

    • ・介護保険サービス事業、市町村受託事業等

    • ・JA事業による高齢者への生活支援
      (公的サービス外等)

    • ・JA助けあい組織の活動やJA職員による ボランティア活動

      ・JA助けあい組織や他のボランティア組織との連携に向けた調査や窓口等

    • ・高齢者が集い、いきがいを共有する場の提供

      ・JA健康寿命100歳プロジェクトの取り組み(健康の維持・増進)

    介護保険制度に関わるJA厚生連の実施施設数

      2013年度 2014年度
    訪問看護 6 6
    訪問リハビリテーション 26 25
    居宅療養管理指導 24 23
    通所リハビリテーション(デイケア) 13 14
    短期入所療養介護(ショートステイ) 9 9
    介護療養型医療施設 9 9
    病院・診療所 計(注) 50 50
    訪問看護ステーション 106 104
    介護老人保健施設 32 32
    特別養護老人ホーム 5 7
    居宅介護支援(ケアプラン作成) 99 100
    訪問介護(ホームヘルプ) 6 6
    訪問入浴介護 1 1
    通所介護(デイサービス) 8 8
    短期入所生活介護 7 4
    認知症対応型共同生活介護
    (グループホーム)
    2 2
    老人福祉事業 計 123 121
    合 計 316 314

    資料:JA全厚連

    注)計は、1病院・事務所で複数の介護事業を実施している例を含む。

ページトップへ