会長メッセージ

全国農業協同組合中央会 会長 中家徹

3月のメッセージ

1月22日に通常国会が召集されました。今国会で農林水産関係法案は、卸売市場法改正案や都市農地の賃貸の円滑化に関する法案など9本が提出される予定です。農業・農村の活性化につながるよう、丁寧かつ真摯な議論をお願いしたいです。

1月24、25の両日、「第63回JA全国女性大会」が開催されました。全国から約600名が参加し、JAの自己改革を後押しするための討論を行い、考えを深めました。JAが自己改革を進める上で女性の視点は大きな力になります。これからもJA全国女性組織協議会と連携して取り組んで参ります。

1月末、アメリカに出張しました。現地の農業団体や協同組合の関係者と会って、お互いの農業を取り巻く情勢や、国際的な協同組合運動に関して率直な意見交換ができました。今後も世界各国の農業団体、協同組合と交流していきたいと思います。

東日本大震災から7年を迎えました。会長就任後、被災した岩手県、宮城県、福島県を訪問しました。現地で話を聴くなかで、協同組合、JAの果した役割は大きいと実感しました。一方で、まだまだ復興には到っていないことも実感しました。今後も風化させることなく、協同組合の仲間と息の長い支援に取り組んで参ります。

  • 会長メッセージ
  • JA全中会長定例会見
  • 中家徹のピンチをチャンスに!
  • 談話・コメント
ページトップへ