会長メッセージ

全国農業協同組合中央会 会長 奥野長衛

年頭挨拶<平成29年/2017年>

新年にあたり、謹んでごあいさつを申し上げます。

昨年は、4月の熊本地震、8・9月の台風被害など、多くの自然災害が発生しました。被害にあわれた皆さまに対しまして、心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興に向け、JAグループをあげた対策を尽くして参りたいと存じます。

さて、本年は酉年ですが、鶏は古くから人に時を報せる動物であります。昨年は、政府における「農業競争力強化プログラム」の策定や、国会におけるTPP協定の批准など、日本農業に大きな変革をもたらす出来事が相次ぎました。そうした一年が明け、新年の始まりとともに、私は大変革期の始まりを告げる鶏の鳴き声が響いているように感じます。

折しも、日本農業は、農業者の世代交代、日本全体の人口減少や高齢化に伴う国内需要の減退、さらには世界規模での農地・水・食糧の争奪戦といった環境変化にさらされており、私たちJAの事業や運動も、否応なく改革を求められております。

改革は時として耐え難い苦痛を伴うこともありますが、協同組合理念を共有するJAグループの組合員、役職員が一致結束し、私たちが決めた自己改革にまい進すれば、必ずやこの苦境を好機に転換することができると、確信いたしております。

JA全中としましても、第27回JA全国大会で決議した自己改革の取り組みを加速化するために、JAグループ内外との精力的な対話に努め、自己改革を後押しするような政策提案や、他の協同組合組織をはじめとして、他業態・他分野の企業、団体等との連携を働きかけ、都道府県中央会や現場のJAの取り組みを支援してまいります。

本年も引き続き、JAグループならびに本会の取り組みや事業運営につきましてご理解とご協力を賜りますことをお願いし、2017年の年頭にあたってのごあいさつとさせていただきます。

全国農業協同組合中央会
会長 奥野長衛

  • 会長メッセージ
  • JA全中会長定例会見
  • 中家徹のピンチをチャンスに!
  • 談話・コメント
ページトップへ